社会福祉法人鑑石園|ロゴ

社会福祉法人鑑石園について About Us

法人理念

地域に拓かれた地域に愛される地域に信頼される

私たちは、利用者様一人ひとりの人格を尊重し、その人らしい生き生きとした生活を送れるよう、
安全で安心できる快適なサービスの提供につとめます。 地域の福祉拠点として家庭や地域社会とのつながりを大切にし、
地域の方が「誰でも、いつでも」気楽に立ちよることができる施設をめざします。

理事長挨拶

社会福祉法人鑑石園の位置する富士市東部地区は、至る所に富士山や愛鷹山にしみ込んだ雨水が湧き水として現れており、また、かぐや姫伝説の発祥の地の一つと伝えられてきたことから、竹取物語に関わる地名や史跡が存在するなど歴史あるエリアであります。
隣接する「かがみいし公園」には、絶世の美女・照手姫(てるてひめ)が、水鏡として使用したといわれる『鑑石(かがみいし)』と呼ばれる平石があり、「照手姫が、夫である常陸国城主・小栗判官の帰りを待ちながら湧き水の中にある石に姿を映して身づくろいをした」という伝説があります。
1982年(昭和57年)、当法人はこの地に宗教法人国柱会の所有地及び寄付金を基礎とし設立に至り、翌年4月、市内で2番目の施設となる特別養護老人ホーム鑑石園を開設いたしました。
その後、長年にわたり地域福祉に貢献し蓄積した信頼と実績を生かし、2005年(平成17年)には伊東市宇佐美に「特別養護老人ホームうさみの園」を、2012年(平成24年)には富士市間門に「特別養護老人ホーム富士まかど」を開設し、現在に至っております。
「地域に拓かれた、地域に愛される、地域に信頼される」地域福祉の拠点として、一人ひとりが家庭や地域の中で心豊かに暮らすことができるような環境づくりとともに、施設内においては、入居者様、利用者様それぞれの人格を尊重し、安全で安心してご利用頂けるサービスの提供に努めてまいります。
理事長 米山 享範

沿革

昭和57年12月27日社会福祉法人鑑石園設立

昭和58年4月1日特別養護老人ホーム 鑑石園 事業開始

昭和61年4月1日富士市より委託を受けショートステイ事業開始

平成10年4月1日富士市より委託を受け次の各事業を開始
老人短期入所事業
在宅デイサービス事業
ホームヘルパー派遣事業
在宅介護支援センター運営事業

平成12年4月1日次の各事業について介護保険法による指定を受ける
指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム鑑石園)
短期入所生活介護(鑑石園ショートステイ)
通所介護事業(鑑石園デイサービスセンター)
訪問介護事業(鑑石園ヘルパーステーション)
居宅介護支援事業(鑑石園在宅介護支援センター)

平成13年5月1日富士市より委託を受け生きがいデイサービス事業 (原田清流クラブ)を開始

平成17年5月16日特別養護老人ホームうさみの園開設に伴い、次の各事業について介護保険法による指定を受ける
指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホームうさみの園)
短期入所生活介護(うさみの園ショートステイ)
通所介護事業(うさみの園デイサービスセンター)

平成17年8月15日居宅介護支援事業(うさみの園居宅介護支援事業所)について、介護保険法による指定を受ける

平成20年7月15日通所介護事業(デイサービスセンターかがみいし)について、介護保険法による指定を受ける

平成23年4月1日訪問介護事業(うさみの園ヘルパーステーション)について、介護保険法による指定を受ける

平成24年5月1日特別養護老人ホーム富士まかど開設に伴い、 次の各事業について介護保険法による指定を受ける
指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム富士まかど)
短期入所生活介護(富士まかどショートステイ)

平成25年10月1日富士市より委託を受け生きがいデイサービス事業(富士山くらぶ)を開始

平成30年3月31日訪問介護事業(鑑石園ヘルパーステーション)廃止

令和3年3月31日訪問介護事業(うさみの園ヘルパーステーション)廃止